FC2ブログ

みさき眼科クリニック@代々木上原

瞳孔間距離(メガネ処方時に必要なデータ)

メガネを作るときは度数のほかPD=瞳孔間距離も測定します。PDは成長すると大きくなりますが、成人してからは変化しないのが通常です。


緑内障の治療によく使われているプロスタグランジン系の点眼は、眼球周りの脂肪を減らす副作用が出ることがあります。目が落ちくぼんで、日本人の場合西洋人のように見えるようになりますが、時にこの副作用でPDが変化することがあります。


それほど起きる副作用ではないようですが、メガネを新しく作るときにはもう一度PDまできちんと測定したほうが良いと言えます。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する