FC2ブログ

みさき眼科クリニック@代々木上原

緑内障はすべてが手術で治るわけではない

緑内障にはタイプがいくつかあり治療が異なります。日本人に多い眼圧の上がらない緑内障はまず点眼治療をして、それがうまくいかないなら手術を検討しますし、目の中の水が流れ込む場所である隅角が狭いタイプの緑内障はまず手術を行います。そして何らかの病気が原因で緑内障になっている場合には、原因の治療を行います。


治療方針を決めるためには、まずどのタイプの緑内障なのか診断をつけることが大事であり、緑内障なら全員手術を行えば良い、ということではありません。白内障は目の中のレンズが濁る病気で、これは濁りを取ってしまえば良いので考え方は単純ですが、緑内障は治療方針を決めて、経過を追いながら診ていく病気です。


そして年を取ると緑内障のタイプが変わることがあり、いままで下がっていた眼圧が上がってしまい治療がうまくいかなくなったときには、緑内障タイプが変わったのではとチェックする必要があります。高齢化すると治療方針が変わることもあるわけです。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する