FC2ブログ

みさき眼科クリニック@代々木上原

色覚異常

病気や薬の影響で色の見え方が変わってしまうことがあります。その場合片方の目だけに起きることもありますし、またそれまでと見え方が変わるので自覚できます。遺伝による生まれつきの色覚異常は、生まれたときからその見え方のために気づいていないこともあります。この先天性の色覚異常は両眼に起き、そして症状は変わることなく、治ることもありません。


色覚異常は色がない世界を見ているわけではなく、特定の色の区別がつきにくい見え方になっています。その程度は個人差がありますが、暗かったり小さいものを見分けなくてはいけないときや、急いでいるときに間違いやすくなります。そのことを早くに自覚してもらい、成人してからの生活、仕事上で注意できるようになることが大事と言えます。


現在ほとんどの業種は色覚異常があっても就くことができますが、場合によっては色の区別が難しいと仕事に支障をきたすこともあります。この仕事がしたい、と決まる前に色覚について検査をしておいたほうが良いでしょう。学校での色覚検査は希望者にだけ行っていますので、機会あるときに受けてください。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する