FC2ブログ

みさき眼科クリニック@代々木上原

器械で測っただけではメガネは作れません。

視力を測る前には器械で検査することがほとんどですが、この器械では近視、遠視、乱視の度数を見ているだけで、どれくらい見えているのか、ということはわかりません。


たとえば-3D(ジオプターという度数の単位)の近視があることが器械でわかって、実際に視力を測ってみたところ矯正レンズを入れても視力0.6しか出なかったり(なんらかの病気が考えられます。)、ベスト視力を出すのに必要な度数は-2.5Dだった、ということはよくあります。


器械での計測は短時間で終わるために、このデータだけでメガネを作りたい、と希望される方も多いのですが、まずは片方の目でどれくらいの視力が出るかを確認し、メガネ処方の場合には両眼でのバランスを考えて試しがけをしてもらう、という手順が必要でそれなりに時間がかかります。


また、この器械の検査結果でコンタクトレンズの処方もできません。コンタクトレンズは実際に目に入れた状態で視力を測り度数決定をするからです。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する