FC2ブログ

みさき眼科クリニック@代々木上原

結膜炎後の視力低下

ただいま流行性角結膜炎(通称「はやり目」)が多く見られています。とてもうつりやすい結膜炎であること自体要注意なのですが、時に結膜炎がおさまったあとに角膜(黒目)に濁りが出てしまうことがあります。

MSI

写真のスリット光の中に淡くいくつも見えているのがこの濁りですが、リンパ球の集まりと考えられていて、ステロイド点眼が必要となります。本来透明である角膜に出る濁りなので、見えにくい、まぶしい、という症状が出ます。これを角膜の傷としてヒアルロン酸点眼が処方されていることが時々あるのですが、傷ではないので効果はありません。


結膜炎後に見えにくさが出た場合には眼科を受診してください。一年以上治療にかかってしまうこともあります。

 

 

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する