FC2ブログ

みさき眼科クリニック@代々木上原

AZOOR 

AZOOR(アズール)とは、Acute zonal occult outer retinopathy(急性帯状潜在性網膜外層症)という、若い女性に好発する原因不明の疾患です。

 

症状は光視症、と教科書にはありますが、いわゆる光視症のように「暗いところで光っているものが見える」という訴えではなく、「メラメラとした」とか「キラキラと光る水面のよう」と表現されることが多く、その部分が見えにくくなり、視野検査をするとそこが暗点となっています(マリオット盲点の拡大のことが多いようですが、中心暗点、視野狭窄のこともあるそうです。)。

眼底が正常のことがほとんどで、球後視神経炎と誤診されていることがあります。最終的な診断には多局所ERG(網膜電位図)が必要ですが、この検査は網膜を専門としている病院にしかないと思われます。

 

この病気が初めて報告されたころより、一区画あるいは数区画の視細胞外節欠損が起きていることがわかっていましたが、最近はOCT(眼底三次元画像解析)でellipsoid zone(IS/OSラインと呼ばれていた部分)が不明瞭あるいは欠損し、そこに一致して視野異常とERGの反応低下が起きていることがわかっています。残念ながら治らない病気で、進行すると網膜色素上皮に萎縮が起きてしまいます。最近、自己免疫疾患を合併することが多いことがわかったため、その検査を行うこともあります。

 

当院のOCTは廉価版でありそれほど解像度はよくありませんが、「キラキラして見えないところがある」という訴えからこの病気を疑って撮影してみたところ、視野欠損に一致してellipsoid zoneが不明瞭であり、専門の大学に紹介して最終的な診断をしてもらいました。

AZOOR-.jpg AZOOR_.jpg

最初の写真は症状のないほうの眼で、赤いラインの上に二本ライン(ellipsoid zoneと外境界膜)が見えていますが、次の写真では赤いラインの上のラインは中央から左に行くにつれて不明瞭となっています。

 

実は私はこの疾患を診たのは初めてでした。それほど多くない疾患です。OCTは購入しても元が取れない、とも言われますが、今回OCTがなければ診断がつけられなかったと思いますし、OCTの勉強会に参加すること、教科書を読むことが役に立って良かったと思う経験でした。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する