FC2ブログ

みさき眼科クリニック@代々木上原

エイベリス

新しい緑内障点眼薬が発売されました。商品名はエイベリス(一般名:オミデネパグ)です。

現在広く使われているプロスタグランジン系ではなく、別の受容体EP2に結合し、ぶどう膜強膜流出路と線維柱帯のどちらにも働く薬でプロスタグランジン系が効かない人にも効果あり、と報告されています。


4分の一くらいで結膜充血が出ますが、そのうち出なくなるのはプロスタグランジン系と似た副作用です。


眼内レンズ挿入眼の半分で黄斑浮腫が出たため、白内障術後には使えません。タフルプロスト(商品名:タプロス)と併用で炎症が出た報告があり併用禁忌であり、また他の抗緑内障点眼薬との併用は注意が必要とされているため、初めて緑内障の点眼を使う人向けの薬、それも白内障手術が必要ない若い世代に使う、というイメージですね。


角膜が厚くなる副作用もあるようですが、そのこと自体はあまり問題にはならないと思われます。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する