FC2ブログ

みさき眼科クリニック@代々木上原

視力検査には時間がある程度かかります。

視力検査が必要で来院される方の中には器械(レフラクトメーター)の測定だけで大丈夫です、と言う方が時々いらっしゃいますが、この検査は他覚的屈折検査であり、どれくらい近視あるいは遠視、そして乱視の度数があるかを調べるもので、視力がどれくらい出ているかの検査とは異なります。メガネの処方もこの検査データだけではできません。


ランドルト環(Cの形をしたもの)のどちらがあいているかを答える検査は自覚的検査であり、これが視力となります。器械で測って-3.0の近視であっても自覚的には同じ度数が入らないことがありますし、また度数を工夫しても病気があり視力が出ないこともあります。この自覚的検査には通常ある程度時間が必要です。特に子どもの場合には検査が理解できなかったり、検査時にわざとピントを合わないような状態にしてから検査をすることもあり、ときに20-30分ほどかかることもあります。またメガネ処方には両眼にレンズを入れて試してもらう時間も必要です。(視力検査は片方の眼で測ります。)


学校健診で「視力お知らせ」の紙をもらって眼科を受診する場合、時間に余裕を持っておこしください。視力検査が必要な場合、午前は10時から12時半、午後は2時半から5時半の間に受診してもらっています。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する