FC2ブログ

みさき眼科クリニック@代々木上原

はやり目注意

アデノウイルスによるうつりやすい結膜炎「はやり目」(正式名称:流行性角結膜炎)がはやっているようです。ウイルスの生き残る力がとても強いため、家族全員が感染してしまうこともよくあります。


お子さんが小児科にかかった際に保護者の方が結膜炎の診察も受けていることがあるようです。この結膜炎は特効薬がないため、眼科以外での治療はできるとも言えますが、炎症が強いと角膜(黒目)部分に混濁が起きたり、偽膜と呼ばれる膜状のものが結膜に出ることがあります。こうなるとステロイド点眼が必要となり、眼科受診が必要です。

MSIblog.jpg 

角膜の濁りはリンパ球が集まってきている状態です。写真では帯状に光が当たっているところに濁りがまだらに見えていますが、まぶしい、見えにくい、という症状が出てしまいます。


結膜炎はアレルギーなのか、うつりやすいウイルス性なのか、診断に悩むことも多いのですが、見えにくいなどの症状が出る場合には眼科できっちり治療する必要がありますので受診してください。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する