みさき眼科クリニック@代々木上原

緑内障のOCT検査

最近は緑内障の診療にOCT(眼底三次元画像解析)が欠かせなくなっています。解析方法に視神経乳頭と黄斑部をチェックする二つの方法があるのですが、どちらが緑内障の早期発見に向いているかというと、早期の変化が出るのは視神経乳頭と黄斑部が半々だそうで、どちらの検査も必要と言えます。

視神経乳頭部分の解析(部分)

OCT1.jpg 

黄斑部の解析(部分)

OCT2.jpg 

(メーカーによって多少図は異なります。)

両方の解析を行なっても料金は同じで、写真を撮る枚数が増えるだけです。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する