みさき眼科クリニック@代々木上原

ヘルペス 

まぶたの縁のただれは、アレルギーの症状として起きたり、よくあるのは高齢者の方が涙目になっていて、その涙で目じりがただれてしまう状態です。その場合にはステロイド剤が効きますが、ときにまぶたにヘルペスが出ることがあり、そうなるとステロイドは逆効果となります。

ヘルペス 

典型的なヘルペスの発疹が出ていれば診断は簡単なのですが、ステロイド剤を使うと症状がはっきりしなくなり診断に悩むときがあります。写真はステロイドを使ったけれども治らないと受診された方のものですが、ヘルペスと考えアシクロビル(ゾビラックス)軟膏に変更したところ治癒しました。


若い、涙目もない、アレルギー症状が他に出ていない人のまぶたの皮膚症状はヘルペスも考える必要があります。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する