みさき眼科クリニック@代々木上原

本当に緑内障?

OCT(眼底三次元画像解析装置)の普及により、緑内障は早期に診断がつくようになりました。OCTで緑内障と考えられる状態があっても視野検査ではまだ緑内障性変化が見られないことはありますが、OCTで緑内障による神経線維層欠損が見られない場合には緑内障ではありません。時にOCTでの判定が難しく視野検査で確認することはあります。

もちろん眼底に緑内障の変化がなくても、眼圧が高い場合には点眼治療をすることもありますが、眼圧も正常範囲でありOCTでも正常であれば治療をする必要はまずありません。


OCTを持っていない眼科は少数派になってきています。緑内障の早期診断に役立つ器械ですので、この器械なしでは外来診療も難しい時代になっていますし、すでに病院クラスではOCT angiographyという次世代の検査が可能になっています。


OCT検査を受けたかどうかわからない、というときには、会計時に渡される明細を見れば眼底三次元画像解析と記載があります。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する