みさき眼科クリニック@代々木上原

眼底三次元画像解析(OCT)の正常像

OCTでは眼球内の網膜の層構造を見ることができます。撮影時に患者さんに見てもらう指標はありますが、中心が見えないような病気の場合に(たとえば黄斑円孔など)本来の中心とずれた写真になってしまうことがあります。

foveal.jpg 

中心が撮影できているかのポイントは、網膜内層が見えていないこと(中心窩と呼ばれる網膜中心部分には網膜内層がありません。)、Foveal bulge と呼ばれるEllipsoid zone (IS/OS line)の盛り上がり(図内矢印)があること、です。


黄斑部の病気を疑うときには写真が中心を撮れているかの確認が大事となります。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する