みさき眼科クリニック@代々木上原

先天鼻涙管閉塞

目の表面の涙は、目がしらにある穴より鼻に流れていきます。生まれてきたときに鼻に流れこむ部分が閉じていることがあり、先天鼻涙管閉塞と呼ばれ、新生児の6-20%に見られます。生まれたときからみられる涙目はこの鼻涙管閉塞である可能性が大きく、昔は診断がついた時点でブジー(プロービング)を行っていたのですが、1歳までに9割が自然治癒すると報告が出てきたこともあり、いつどのように治療を行うかはその施設によって(あるいは眼科医によって)色々です。


成長していくと全身麻酔をしないで治療するのがむずかしくなるため、大体生後半年まで様子を見て、どのように治療を行うか検討しています。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する