FC2ブログ

みさき眼科クリニック@代々木上原

黄斑前膜

黄斑とは目の中で視力に一番大事な中心部ですが、そこに膜状のものができてしまうことがあり、黄斑前膜(あるいは上膜)と呼ばれています。一種の老化現象とも言え、視力低下やゆがんで見える場合には手術で膜をはがします。

前膜左 前膜右

左の写真は膜があまりできていない状態で、黄斑部のくぼみがなだらかに作られていますが、右の写真は同じ方の反対の目で膜があることで中央のくぼみがなくなり全体の層構造も乱れています。この写真は眼底三次元画像解析(略称:OCT)です。OCT検査ができるようになり黄斑前膜はかなりの患者さんに見られることがわかってきました。前膜があっても視力が低下しないことは多く、またほとんど進行しないこともよくあります。


時々片方の目で見てみて、見えにくさがあるようであれば早めの受診をおすすめしますが、かわりなければ年に一回くらいの検査で十分かと思います。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する