みさき眼科クリニック@代々木上原

アトピー性皮膚炎と白内障

アトピー性皮膚炎の症状が顔に強く出たり、アレルギー性結膜炎もある場合、目の周りを強くこすったりたたいたりすることにより白内障や網膜剥離になることがあります。


アトピー性皮膚炎の治療に使われるステロイド軟膏が白内障を起こすのでは、とも言われていますが(ステロイド剤の一般的な副作用に白内障があります。)、ステロイド軟膏が市販される前よりアトピー性皮膚炎に白内障が出やすいことは報告されているのと、ステロイド軟膏が市販されてから白内障が増えたということもないので、ステロイドが原因とは考えにくいようです。


白内障が起きる原因のひとつに外傷がありますが、アトピー性皮膚炎があり目の周りを強くかいたりたたく(「掻いてはダメ」と言われて、たたく人が多いのです。)ことが目をぶつけるような外傷になるようです。

ただ、ステロイド剤は緑内障の副作用があり、こちらのほうがより心配です。最近ではアトピー性疾患の治療には免疫抑制薬の軟膏や点眼が使われることが増えてきています。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する