みさき眼科クリニック@代々木上原

白内障術中の合併症

白内障手術はレンズにあたる水晶体を取り除いて人工レンズを入れます。水晶体は全部取り除くのではなく、後嚢と呼ばれる後ろの膜を一枚残しての手術なのですが、時に術中にこの後嚢が破れることがあります。眼球内にあるゼリー状の硝子体が破れたところから出てきてしまい、うまく手術中に処理できていれば良いのですが、ときに瞳孔から目の前のほうに出てきてしまい取りきれていないことがあります。白内障術後に瞳孔が丸くない場合、よく見ると脱出した硝子体が索状物として瞳孔縁から角膜創口に嵌頓しています。脱出した硝子体が収縮して網膜が牽引されて網膜剥離になることがあり、この場合網膜裂孔がわかりにくく手術中に見つかることが多いそうです。


後嚢破損は起こさないように細心の注意を払って手術は行われていますが、時に起きてしまう合併症です。破損部分が大きいと手術中に眼内レンズを入れることができず、後日に入れ直し手術を行うこともあります。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する