FC2ブログ

みさき眼科クリニック@代々木上原

BRVO=網膜静脈分枝閉塞症

網膜は眼球の内側にある視力に大事な部分ですが、そこの静脈が閉じてしまう網膜静脈閉塞症(BRVO)は外来でも比較的よく見る病気です。

BRVO.jpg 

昔はレーザー治療しか治療法のなかったBRVOですが、最近は新生血管の発生を抑制する抗VEGF抗体の硝子体注射が治療の主流です。早期に治療をすると一年後までは経過が良いのですが、数年後には治療をした場合としなかった場合の差がなくなります。何も治療をしないと浮腫が出る場合があり視力低下につながりますが、どういう症状が浮腫になるのかはよくわかっていません。治療を待っても良いタイプを見極めて残りの症例に抗VEGF治療を行うのが良いとされています。


待っても良いのは

  視力が良い(矯正視力0.9以上)

  矯正視力が0.6-0.8の場合には自然治癒することも悪化することもあり、患者さんの希望があれば治療します。

  病変が小さい。

  病変が耳側から回るタイプ(適切な写真がないので省略)


ただし、経過を見ているうちに悪化することもありますので、数ヶ月ごとに診察して悪化したら治療を行います。

 

いったんおさまっても再発することもあり、網膜に浮腫が出たら抗VEGF抗体治療を行います。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する