みさき眼科クリニック@代々木上原

子どもの視力

学校検診で視力検査の結果が悪いと、単に近視が進行しただけなので本人が困ってから眼科に行けば良い、と考えている保護者の方もいるようですが、一度は眼科で視力を測ることをおすすめします。


視力は大体が6歳までに成長を終えます。この時期に両眼が同じようによく見えていないと、大人になってメガネやコンタクトレンズをしても視力の出ない「弱視」になります。理想的には検査のできる4歳のころに眼科で視力を測り、治療の必要がないことを確認したいのですが、学校検診で気づいてもまだ治療ができる可能性は残っています。視力検査の結果が悪ければ、眼科を受診してください。


学校検診での視力は日常生活で困っていないかどうかのチェックにとどまります。一度も眼科で視力を測ったことがなければ、小学校に上がる前に測ることをおすすめします。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する