みさき眼科クリニック@代々木上原

採血でアレルギーの原因を調べる方法

アレルギーの原因を調べる採血検査は、たとえば眼に入る花粉やハウスダスト、ダニ、動物の皮膚、食べてアレルギー反応を起こす果物や魚介類などが項目に入っています。


コンタクトレンズによるアレルギー性結膜炎の場合には、レンズを異物として認識してアレルギーが起きているわけですが、採血してもレンズが原因かどうかはわかりません。レンズのような物質を採血検査に取り入れることはまず無理です。典型的な症状であれば見ただけでレンズが原因とわかります。また、レンズを使っていると調子が悪くなる場合にも、レンズが原因だろうと推測できます。


コンタクトレンズをつけると眼がかゆくなる、という患者さんに採血検査を勧める眼科があるようですが、採血ではレンズが原因という結果は出ません。もちろんその他のものにアレルギーがある場合には採血で陽性に出ることもありますが、眼だけにアレルギーの症状があるときには採血には出ないこともあります。

 

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する