FC2ブログ

みさき眼科クリニック@代々木上原

白いのは白内障?

時々「目が白くなったので白内障ですよね?」と受診される方がいらっしゃるのですが、肉眼で見て白く見えるような白内障だとほとんど視力が出ない状態になります。だいたいが写真のような老人環を白内障だと思っている方が多く、これは黒目の周辺部が白くなる年齢的な変化です。この方は上のほうが白っぽくなっています。白内障は目の中のレンズ=水晶体が濁る変化で、瞳孔部分からその濁りが肉眼で見えることはあまりありません。

老人環

白内障の症状は、視力低下、まぶしい、などです。年齢的な変化によるものがほとんどで、100%の人がなります。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト



PageTop

カラーコンタクトレンズはサングラスのかわりにならない

「まぶしいのでカラーコンタクトにしたい」と言われることがありますが、カラーコンタクトはサングラスとちがって、まぶしさをふせぐことはできません。カラーコンタクトの色は見かけを変えるためですが、光が通るレンズ中央部分は透明で通常のレンズと同じであり、サングラスのような効果はありません。色がついていればそこが不透明になり、見えなくなってしまうからです。そして色のデザイン部分で光が散乱して、逆にまぶしくなってしまうこともあります。

ColorCL.jpg

現在ほとんどのコンタクトレンズは紫外線カットの素材です。まぶしさと紫外線は直接関係ないので、まぶしいのであればサングラスをかけるか、最近は紫外線で色が変わる(カラーコンタクトレンズのように外見が変わることはありません。)コンタクトレンズも出てきています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

Murrma Coffee Stop(ムルマコーヒーストップ)@初台

自家焙煎しているテイクアウト主体の店です。焼き菓子は他のお店で作っているようです。

Murrma.jpg

Murrma Coffee Stop(ムルマコーヒーストップ)@初台

渋谷区本町2-6-1

Tel; 03-6276-1336

営業時間:8:00-18:00(土日祝:9:00-18:00

定休日:月曜(祝日の場合翌火曜日)

お店のホームページはこちら

お店のインスタはこちら

食べログでの案内はこちら


PageTop

瞳孔間距離(メガネ処方時に必要なデータ)

メガネを作るときは度数のほかPD=瞳孔間距離も測定します。PDは成長すると大きくなりますが、成人してからは変化しないのが通常です。


緑内障の治療によく使われているプロスタグランジン系の点眼は、眼球周りの脂肪を減らす副作用が出ることがあります。目が落ちくぼんで、日本人の場合西洋人のように見えるようになりますが、時にこの副作用でPDが変化することがあります。


それほど起きる副作用ではないようですが、メガネを新しく作るときにはもう一度PDまできちんと測定したほうが良いと言えます。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

コンタクトレンズと酸素透過性

ハードコンタクトレンズが世の中に出始めたころは、PMMA(ポリメチルメタクリレート)という酸素を通さない材質でした。瞬きをすることにより、レンズ下の涙が入れ替わり、そのことにより角膜に酸素が供給されるのですが、酸素を通さないレンズをつけて寝てしまうと大変だったのです。涙の交換が行われなくなるため、角膜に酸素が行かなくなります。そうなると角膜上皮が死んでしまい傷ができて、激痛で目がさめるのです。現在はほとんどのハードが酸素透過性のあるRGP rigid gas permeable)素材です。


初期のソフトレンズはHEMA(ヒドロキシエチルメタクリレート)素材で、これも酸素透過性が悪かったため、酸素透過を求めてより薄く、より含水率をあげていったのがソフトレンズの開発歴史となっています。


現在のソフトレンズは乾きにくく酸素も通すシリコンハイドロゲル素材が主体なのですが、質の悪いカラーレンズはHEMA素材のために、ときに通常の使い方をしていても酸素不足となります。角膜表面が傷だらけになって受診することがあり、よくよく聞いてみると雑貨店で購入したカラーレンズを使用していた、ということがあります。(眼科受診をせずにコンタクトレンズを購入していることを怒られると思うのか、レンズを使っていることをなかなか教えてくれないことも多いのです。)


酸素不足が続くと、角膜の傷が繰り返し起き、本来血管がなく透明な角膜に新生血管が入ってくることがあります。そのようにならないためには酸素透過性の良いコンタクトレンズを使う必要があります。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

カフェ ロストロ@代々木公園

カフェ、というより古き良き時代の「喫茶店」という感じなのですが、外で飲食できるのでカフェなのかなあ。コーヒーが美味しいので、写真のモーニングセットがこれで800円は安いと思います。

cafe R

カフェ ロストロ@代々木公園

渋谷区富ヶ谷1-14-20 サウスピア1F

Tel: 03-5452-1450

営業時間:8:00-21:00

不定休

お店のホームページはこちら

食べログでの案内はこちら


PageTop

糖尿病網膜症と腎臓

腎性貧血とは、腎臓の機能が低下してエリスロポエチン(赤血球の産生に働く)が減少したことによる貧血です。新しい腎性貧血の治療薬のHIF-PH阻害薬はVEGF産生にも関わっていることより、VEGFがその病態に関わっている糖尿病網膜症が悪化する可能性もあり、とのことです。


糖尿病網膜症に伴う黄斑浮腫は透析の状態にも影響されることがあるそうなので、目だけを診察している眼科ですが、他科の治療も把握する必要があります。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

薬は魔法ではない

コンタクトレンズを間違った使い方をしても何も起きないような目薬をください、と頼まれたことがありますが、それはまずレンズを正しく使うことが必要ですし、そのような目薬は存在しません。


一発で、一瞬で治す目薬がほしい、と言われたこともありますが、病気が治るにはほとんどの場合時間がかかります。(目にゴミが入った場合はゴミを取ればすぐ解決しますが…)


薬は、自分で治る力を助けるもの、あるいは本来治らないかもしれない状態に不自然な力を加えるものなので、すぐ治すのは難しいのです。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

プリンカフェ448@代々木八幡

テオブロマが出したプリン専門店。イートインありますが、コーヒーがいまいちだったのと、瓶がかわいいのでお土産にしたほうが良い感じです。

448.jpg

プリンカフェ448@代々木八幡

渋谷区富ヶ谷1-2-15

Tel: 03-5738-7500

営業時間:10:00-21:00

無休

食べログでの案内はこちら


PageTop

メガネの処方せんでコンタクトレンズは買えません

当院はコンタクトレンズの処方も処方せんのお渡しもおこなっていません。受付時に「視力を測ってほしい」と言う方がコンタクトレンズ処方希望のことが時々あるのですが、普通に視力を測った結果でコンタクトレンズは買えませんし、メガネの処方せんでも買うことはできません。


ネットで購入するのでデータだけで大丈夫と思う方も多いようですが、コンタクトレンズは目の上に乗せて使うもので、メガネの度数と異なることがあります。処方度数を決めるには、レンズを入れた状態で視力を測る必要があります。コンタクトレンズの処方は扱っている眼科で受けてください。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop