FC2ブログ

みさき眼科クリニック@代々木上原

その症状はドライアイ?

ドライアイが治らない、と受診される場合、ドライアイに効果のある点眼を使っていない、使っていても点眼回数が少なすぎる、あるいは涙液が少ないために点眼の効果が出ていない(涙点プラグが必要)、ということも多いのですが、そもそもドライアイではないこともあります。

GPCGPC−

片方の目だけゴロゴロして、他院でドライアイと言われて点眼をしていたが治らない、と相談にいらした方の上まぶたの裏の写真です。何も症状がないほうの写真と比べてもらうと充血が出ているのがわかると思いますが、これは巨大乳頭結膜炎と呼ばれる、なんらかの異物が原因で起きるアレルギー性結膜炎です。この方の場合は、手術で縫った糸が原因だったため、抜糸することで改善しました。

ゴロゴロする感じはドライアイが原因とは限らないのと、上まぶたもたまにはめくって見るべきだな、と思いました。うちでは初診だったこともあり、両眼の上まぶたをめくったので見つけることができましたが、手術後ずっと診察していると、手術したことだけに気を取られてまぶたもめくらない、となってしまうかもしれません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト



PageTop

ザ サルーン(The saloon)@代々木上原

夜はバーですが、昼間はカフェで、テイクアウトもできます。

店主の方が非常に感じ良いです。

saloon.jpg

ザ サルーン(The saloon)@代々木上原

渋谷区西原3-4-5 アミティ代々木上原3F

Tel: 03-6315-2554

営業時間:9:00-17:00 18:00-2:00 日は18:00-23:00

定休日:火曜

お店のホームページはこちら

Facebookこちら

食べログでの案内はこちら




PageTop

まつ毛の根元を洗う

抗がん剤の副作用でまつ毛が伸びることがあります。あまり伸びすぎて目に入ってしまうときには短く切ったりしますが、写真の患者さんの悩みはまつ毛の根元部分に目やにが乾いたものが固まってしまい、うっとうしい、痛い、ということでした。ciliaPre.jpg

こういう場合、ベビーシャンプーを薄めたもので洗うようにすると改善することが多いのです。今回も2週間ほど使ってもらって改善しました。ciliaPOst.jpg目の周り専用のシャンプーもいくつか売られていますが、ベビーシャンプーはドラッグストアで買えますし安いので、まずこちらから試してもらっています。濡らしたコットンに少量のシャンプーをたらして泡だてて洗います。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

「緑内障疑い」

「緑内障疑い」とドックで判定を受ける方の中には、視神経乳頭が大きいために緑内障のように見えていることがよくあります。

正常サイズ

視神経乳頭は写真で丸く見えている部分で、緑内障の変化がここに起きます

大乳頭次の写真は最初の写真より乳頭が大きい方のものですが、中心のくぼみがあるように見え、一見緑内障の変化に見えます。最近はOCT(眼底三次元画像解析)検査により視神経乳頭に緑内障変化があるかどうか簡単に判定できるようになりました。OCT検査は写真を撮るだけの検査です。緑内障疑いの場合、以前は全員視野検査まで行なっていましたが、OCTで異常なしと判定できれば視野を行う必要はありません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

楽@代々木上原

蕎麦屋さん。同業者が多いこのあたりでやっていくのは、なかなか大変だと思います。

raku1.jpg
raku2.jpg

楽@代々木上原

渋谷区西原3-2-4 フロンティア代々木上原3F

Tel: 070-7781-8950

営業時間:1130-14:00 17:00-24:00

定休日:不定

お店のホームページはこちら

食べログでの案内はこちら


PageTop

視力検査

当院は眼科ですので、「見えにくい」という訴えの方が当然多く受診されます。見えにくいのであれば視力検査が必要なのですが、「視力は測りたくない」と拒否される方が時々います。


矯正視力が出ているのか、出ていないのであれば原因は何か、またその人の生活スタイルにはメガネが必要なのではないか、ということを視力検査の結果から考えています。


視力検査=メガネ処方、と思っている人も多いようですが、見え方は病気の診断に役立つ情報なのです。すぐに終わる眼圧検査や眼底写真より面倒かもしれませんが、必要なときには検査を受けてください。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

流行性角結膜炎(はやり目)

アデノウイルスによる、非常にうつりやすい結膜炎です。結膜炎は「目やに」がたくさん出る、というイメージがありますが、はやり目の場合はどちらかというと「充血」そして「まぶたの腫れ」を訴える人が多いと感じます。


まぶたが腫れるために「ものもらい」です、と受診する人もいらっしゃるのですが、「ものもらい」はまぶたにある油の分泌腺に細菌が感染して起こるもので、触ると痛みがあるポイントがあります。はやり目はそのような痛みポイントはないのですが、重症感が強い結膜炎で、まぶた全体の腫れ、ゴロゴロ感がひどくなります。「結膜炎とは思えない」と言われることもよくあります。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

予約をお取りください

通常春に行われている学校検診ですが、コロナ流行のために9−11月に行われているところが多くなっています。


何十人もの子どもたちが同じ頃に医療機関を受診するようお知らせをもらうわけなので、現在外来が混んでいます。そして視力検査には時間がかかります。ほぼ全員の子どもたちが保護者、そして兄弟姉妹と一緒に受診するために、待合室の人数が増えてしまいます。なるべく他の方と一緒にならないように予約をお取りください。ホームページか電話で対応しています。


おひとりの名前の予約で家族全員の診察をすることも難しいので、ひとりずつ予約をお取りください。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

坂ノ上ノ青森@代々木上原

地酒とおでんのお店。おでん以外の食べ物が結構塩辛いのは東北出身のためかしら。

oden.jpg

坂ノ上ノ青森@代々木上原

渋谷区上原1-18-7 第五大貫ビル1F

Tel: 080-7703-9237

営業時間:月—金18:00—翌2:00土日祝日11:30-15:00 18:00-2:00

定休日:火曜

食べログでの案内はこちら


PageTop

ついにヒアレイン点眼が市販薬に!

長い間眼科外来で処方されていたヒアルロン酸点眼(商品名:ヒアレイン)の0.1%が市販薬として買えるようになりました。これまでの市販点眼薬にはドライアイに効果のある成分がほとんど入ってなく、ごく軽症のドライアイにしか効果がなかったので、今回の移行で眼科を受診しにくい人にはドラッグストアでの選択肢が増えて良かったと言えます。ただ最近の私はヒアルロン酸点眼を処方することが少なくなっています。ジクアス、ムコスタという、眼表面の粘液ムチンを増やす点眼が主流です。

びらんとSPK

ヒアルロン酸が得意とするのは、目の表面の角膜がはがれてしまったときの治療です。この写真の黄色く染まっている部分は角膜がはがれていますが、こういうときにはよく効きます。一方ドライアイは、涙の安定性が悪かったり、涙の量が少ない状態なので、これにはジクアス、ムコスタという処方薬が効果的です。涙の量が少ないと、目の中のヒアルロン酸点眼が自身の涙を吸い取ってしまい逆効果になる、ということはドライアイ専門の眼科医の間では有名な話で、ドライアイにヒアルロン酸処方(特に0.3%)を処方する機会は減っていました。


もちろんヒアルロン酸点眼が効くドライアイもあるのですが、軽症ドライアイであり、あまり当院の外来には来ていないのかもしれません。


目がゴロゴロする、目に指などが入ってしまったあとに痛い、というときにはヒアルロン酸が効きますので、市販のヒアレイン点眼を使ってもらって、治らなければ眼科受診ということは可能になりますね。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop