みさき眼科クリニック@代々木上原

光視症

眼球の中には硝子体(しょうしたい)と呼ばれるゼリー状のものがあり、子どものころは透明できっちりとつまっています。大人になるとゼリーが縮むのですが、そのときに網膜をひっぱって孔を作ることがあります。またひっぱっているときに網膜が刺激されて光が見える「光視症」という症状が出ることがあります。


硝子体がきれいにはがれてしまえば光は消えますが、網膜に穴ができた可能性も考え、光が見えるようになった時点、そしてその時に穴がなくてもその1ヶ月後くらいに眼底検査はもう一度して確認したほうが良いでしょう。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

タンデコロリ@代々木公園

デコラティブスイーツが専門のお店なのですが、味をみたくて焼き菓子のほうを買ってみました。アイシングで飾られたお菓子はイベント用には楽しいかもしれません。

temp.jpg 

タンデコロリ@代々木公園

渋谷区元代々木2-4

Tel: 03-6804-8638

営業時間:12:00-19:00

定休日:日・月・火

お店のホームページはこちら

食べログでの案内はこちら


PageTop

子どものアレルギー発症予防

子どものアレルギーは昔は経胎盤感作(胎盤を通してアレルギーの原因が入り込む。)と考えられていたのですが、妊娠中授乳中にアレルギーの原因となるものを除いた食事にしたところ、子どものアレルギー予防にならず母体の栄養障害になったそうです。


現在アレルギーは経皮感作(皮膚からアレルギーの原因が入り込む。)で起きると考えられています。寒い地域にアトピー体質の発症は多く、また秋冬生まれにアレルギー発症が多いが、スキンケアすると減るという報告もあり、保湿でアトピー性皮膚炎の発症が防げるとされています。


アレルギーがある子どもは離乳食を遅く始めたほうが良いと昔は言われていたのですが、遅くに与えるとかえってアレルギーが増えるという報告、またピーナッツを多く食べていたほうがピーナッツアレルギーが少ないというデータがあり、現在ではアレルギー体質でも普通に生後5−6ヶ月から離乳食を開始しています。ただし皮膚からアレルギーの原因がやってきますので、湿疹はきちんと治療します。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

動眼神経麻痺

動眼神経麻痺の原因はいろいろですが、もっとも緊急性の高いものは脳動脈瘤によるものです。複視、眼瞼下垂、外斜視の症状は動眼神経麻痺によるものであり、ここに散瞳という症状が加わっていたら脳動脈瘤を考えて脳外科に紹介します。


虚血による動眼神経麻痺は自然に治癒していきますが、時に脳動脈瘤が原因であるのに散瞳していない時もあります。散瞳がなく虚血が原因と考えても、しばらく経過をおう必要があります。瞳孔が散大してきたらまた脳動脈瘤を考え脳外科に相談します。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

HARUKA Breads@幡ヶ谷

お値段手頃なパンですが、なかなか美味しかったです。

Haruka1.jpg Haruka2.jpg

HARUKA Breads@幡ヶ谷

渋谷区西原1-29-3 ドエルアーバン1-A

Tel: 03-6276-8831

営業時間:8:00-19:00

定休日:月曜

食べログでの案内はこちら


PageTop

白内障術後光視症

白内障手術後に青く見えたりまぶしく感じることはよくありますが、そのうちに消えていきます。時に視力は良好なのに光の輪や線、影のようなものが見えてしまうことがあり、原因はいろいろです。手術後一年たっても数%の患者さんが感じている症状だそうです。稲村眼科クリニックの稲村先生の講演を聞いての内容となります。


  スターバースト

強い光を見ると線が傾いて見えるという現象です。Bagoloniレンズという検査用のレンズでの見え方のようになります。これは眼内レンズの後ろに残してある水晶体の後嚢部分のシワが原因のため、YAGレーザーで後嚢を切開すると消える症状です。


  眼内レンズエッジのグレア

「光に輪がかかる」という表現をされる患者さんが多いのですが、いわゆるハローのように光の周りに見える輪ではなく、光とは逆の方向に出る光の散乱です。レンズのエッジに光があたることで起きる症状で、瞳が大きい人にスクエアエッジの眼内レンズを入れると起きやすくなります。瞳を小さくすると症状が消えるためピロカルピン点眼やブリモニジン点眼を使ってみます。水晶体の前嚢切開のエッジが濁ってくるとレンズ上を覆うために症状が消えることがあります。手術後一年たっても症状が消失しないようなら、眼内レンズをシリコンレンズ、ラウンドエッジタイプのもの、光学径の大きいものに入れ替えしたり、スリーピースレンズを嚢外固定にしたり、レンズを重ねたり、などの追加手術を行います。


  Negative Dysphotopsia

耳側周辺部にレンズの縁のような黒いものが見え、明るいところで目立ち、縮瞳しても消えない症状が出ることがあります。目の中に入った光が眼内レンズを通らず網膜部分に到達することで起きる症状であり、眼内レンズの入れ替えで消失します。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

BRVO=網膜静脈分枝閉塞症

網膜は眼球の内側にある視力に大事な部分ですが、そこの静脈が閉じてしまう網膜静脈閉塞症(BRVO)は外来でも比較的よく見る病気です。

BRVO.jpg 

昔はレーザー治療しか治療法のなかったBRVOですが、最近は新生血管の発生を抑制する抗VEGF抗体の硝子体注射が治療の主流です。早期に治療をすると一年後までは経過が良いのですが、数年後には治療をした場合としなかった場合の差がなくなります。何も治療をしないと浮腫が出る場合があり視力低下につながりますが、どういう症状が浮腫になるのかはよくわかっていません。治療を待っても良いタイプを見極めて残りの症例に抗VEGF治療を行うのが良いとされています。


待っても良いのは

  視力が良い(矯正視力0.9以上)

  矯正視力が0.6-0.8の場合には自然治癒することも悪化することもあり、患者さんの希望があれば治療します。

  病変が小さい。

  病変が耳側から回るタイプ(適切な写真がないので省略)


ただし、経過を見ているうちに悪化することもありますので、数ヶ月ごとに診察して悪化したら治療を行います。

 

いったんおさまっても再発することもあり、網膜に浮腫が出たら抗VEGF抗体治療を行います。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

Onwell (オンウェル)@代田橋

イタリアンだと思って行ったらメニューにフレンチもありました。ランチはパスタが主体です。写真のパスタにスープとサラダがついて(ちゃんと作っているスープと、新鮮なサラダでした。安いランチについてくるしおれた味のない野菜にいつもがっかりするので、これはうれしい。)、千円は安いなあ、と思っていたら、あっという間に平日のランチは満席になってました。

夜の料理もチェックしたいところ。

onwell.jpg 

Onwell (オンウェル)@代田橋

杉並区和泉1-2-2 青木ヒルズ1F

Tel: 03-6265-8595

営業時間:11:30-15:00 18:00-24:00

定休日:日、第二第四月

お店のブログはこちら

食べログでの案内はこちら


PageTop