みさき眼科クリニック@代々木上原

SAC about cookies@駒場東大前

アイシングクッキーのお店。女性受けは良いかも。
SAC.jpg

SAC about cookies@駒場東大前
渋谷区富ヶ谷2-17-12-1F
Tel: 03-6804-7924
営業時間:11:00-19:00
定休日:日、第二第三月曜
お店のホームページはこちら
食べログでの案内はこちら

スポンサーサイト

PageTop

「治療したほうが良いですか?」

診察後に「治療したほうが良いでしょうか?」と聞かれてびっくりしたのですが、考えてみればドライアイやアレルギー性結膜炎は患者さんが困っていなければ治療しなくてもよいことがほとんどです。そして当院は必要性が低い点眼薬を複数使うことで眼に傷ができてしまい相談に来院される方が多い眼科です。

とは言え、たとえば明らかに進行していく緑内障や、細菌感染を起こしている角膜潰瘍などの場合には、治療しないと失明してしまう可能性があります。

なるべく薬の処方はしなくてすむように考えて診療しています。そういう中で私が薬を処方するのは、治療したほうが良い状態です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

ドーピングにかかわる眼科の薬

東京オリンピックも近くなってきています。スポーツ時には禁止されている薬があり、眼科で処方する薬もいくつかは含まれています。

1 常に禁止されるもの(競技を行っていないときも使用禁止)
 利尿薬。眼科では眼圧下降のアセタゾラミド(商品名:ダイアモックス)内服があります。点眼薬であるドルゾラミド(トルソプト)、ブリンゾラミド(エイゾプト)は使って大丈夫です。
2 競技会時に禁止されるもの
 興奮薬。充血をとる点眼であるナファゾリン(プリビナ)や局所麻酔薬に含まれるエピネフリンは問題なし。
 糖質コルチコイド。経口、経直腸、静脈内、筋肉内使用は禁止だが、点眼、点鼻、軟膏は問題なし。
3 特定の競技において禁止されるもの
 ベータ遮断薬。点眼薬も使用禁止となっています。緑内障の治療薬として使われているものです。アーチェリーと射撃は常に禁止、以下は競技会時に限って禁止されています。自動車、ビリヤード、ダーツ、ゴルフ、スキー/スノーボード、水中スポーツ。

内容は毎年更新されているそうです。日本アンチ・ドーピング機構「アンチ・ドーピング規定/2016年禁止表国際基準」に詳しく載っています。こちら


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

ドルチェリア ジーロ@笹塚

イタリアンのお店がかき氷の分店を出しています。
写真はバジルとジンジャー。
giro.jpg

ドルチェリア ジーロ@笹塚
渋谷区笹塚3-19-6
11:00-19:00
Twitterはこちら

PageTop

黄斑円孔

黄斑円孔とは文字通り網膜中心部の視力に大事な黄斑部に穴があくことです。10万人に8人程度の発症で、50-70代に多くみられます。好発年齢からもわかるように、加齢による変化がきっかけとして起こることがほとんどです。

眼球の中には硝子体(しょうしたい)と呼ばれるゼリー状のものが入っています。子供のころには眼球内にぴっちりとこのゼリーがつまっているのですが、年齢とともに縮んでいき、ときに接着している網膜部分をひっぱってしまい穴を作ることがあります。
hole1.jpg
HOle2.jpg

写真は円孔の起きた右眼と同じ患者さんの左眼のOCT画像です。正常な左は真ん中がくぼんでいるきれいな層構造が見られ、円孔の起きている右眼は真ん中の層がなくなり穴となっています。蓋のような部分に硝子体が接着しているのも見えています。
症状は「ゆがむ」「真ん中をつまんだように見える」という訴えで受診されます。

ステージ1a: 黄斑がひっぱられ網膜内に嚢胞ができる。
ステージ1b: 部分的に網膜剥離が起きる。
ステージ2: 嚢胞が大きくなり、一部が破れて弁のようになる。
ステージ3: 弁が分離して蓋のようになり、円孔が完成する。
ステージ4: 蓋は消え、硝子体がひっぱる力もなくなり、円孔周囲の網膜浮腫がなくなる。

ステージ1はときに自然治癒することもあるので経過観察となりますが、ステージ2以上、視力低下のある1b、経過の長い1aは手術を行います。

5年以内にもう片方の眼に起きる確率が15-20%なので、手術後も両眼の経過観察が必要です。OCTがなかった時代には早期発見も難しかったのですが、現在は経過も簡単に追えるようになりました。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

眼瞼下垂

上のまぶたが下がってくることを眼瞼下垂(がんけんかすい)と言います。原因はいろいろですが、その程度を表すには上まぶたの端から瞳の中心までを計測します。Margin reflex distance (MRD-1)とよばれ、2.5ミリ以上を正常と考えることが多いようです。(写真は3.5ミリ程度)
MRD.jpg

まぶたが黒目をおおってしまうと見えにくくなるのはわかると思いますが、完全に瞳孔をおおってしまわなくても視野が狭くなりますので、まぶたをあげたほうが見やすくなる場合には手術をおすすめしています。高齢の方ではまぶた自体がさがっているのではなく、皮膚がたるんでしまい眼瞼下垂のように見えることがあり、これは余っている皮膚を切除する手術を行います。
若い方に見られる眼瞼下垂はハードコンタクトレンズが原因のことが多く、近視の度数が強い、そしてコンタクトレンズを使っている年数が長いほど起きやすいとされています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

minimal(ミニマル)@代々木八幡

Bean to Bar Chocolateと呼ばれる、カカオ豆からチョコレートの製造までを手がけるお店です。なので、チョコレートとして味わう、というより、そのこだわりと産地による豆の違いを感じるためのサンプルだと思いました。
ガリガリ、ザラザラした食感なので、説明なしに人にプレゼントしてしまうと、がっかりされるので注意。
minimal.jpg

minimal(ミニマル)@代々木八幡
渋谷区富ヶ谷2-1-9
Tel: 03-6322-9998
営業時間: 11:30-19:00
定休日:月(祝日の場合は営業、翌日休業)
ホームページはこちら
食べログでの案内はこちら

PageTop

アレルギーと感染

アレルギー疾患があると細菌やウイルスに感染を起こしやすく、治療にステロイド剤や免疫抑制剤を使うことでも感染に弱くなります。しかし、そのために抗菌剤の予防投与を行うと、抗菌剤が効かない耐性菌が出てきてしまいますので、通常は抗菌剤使用は不要です。
shiUlc.jpg

写真は春季カタルという重症アレルギー性結膜炎に時にみられるシールド潰瘍と呼ばれる角膜の症状です。角膜に「傷」があるから、と抗菌剤の点眼薬が処方されていることがありますが、手術後とちがい予防的な投与はいりません。治療の基本はアレルギーのコントロールであり、ステロイド剤や免疫抑制剤が使われます。
当然感染には注意しなくてはいけないので、自覚症状としては充血や痛みが出てきた場合にはすぐ受診してもらうこと、そして診察時に強い前房内炎症を伴う場合には、感染を考え治療方針を変更します。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

プールと涙目

プールの水が目に入ると傷ができるためゴーグル着用をおすすめしていますが、プールでよく泳ぐ人は涙道も閉鎖する、という報告があります。
ruiten.jpg

写真は涙点部分です。目頭にある涙点は上下左右四か所あり、そこから涙は鼻のほうに流れていきます。涙点から鼻までの涙の通り道を「涙道(るいどう)」と呼び、この涙道が閉じてしまったり狭くなると涙があふれてしまうのですが、そういう患者さんにはプールでよく泳ぐ人が多いそうです。(Acta Ophthalmologica 92; 242-3, 2014) 目の表面に傷を作ると考えられている消毒剤の塩素が原因のようです。眼のことを考えると、水泳時にはゴーグル着用をおすすめします。
なお、抗がん剤にこの涙道閉鎖の副作用が出るものがあります。治療中に涙目の症状が出てきたら眼科にご相談ください。
Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

Arcobaleno(アルコバレーノ)@代々木上原

イタリアンのようではありますが、チーズフォンデュ、チョコレートフォンデュがあり、カフェみたいな感じ。
arcobaleno.jpg

Arcobaleno(アルコバレーノ)@代々木上原
渋谷区西原3-23-1
Tel: 03-6323-7530
17:00-22:30 (L.O.)
土日祝のみランチ(11:00-14:30)&カフェ(15:00-16:30)
定休日:火
食べログでの案内はこちら

2017年に閉店しました。

PageTop