FC2ブログ

みさき眼科クリニック@代々木上原

弱視について

視力の成長は6歳頃、遅くても10歳までには終わります。この時期によく見えていないと大人になっても見えない「弱視」になってしまうことがあります。よく誤解されるのですが、弱視はメガネやコンタクトレンズを使っても見えない状態であり、大人になってからの治療はできません。


遠視は常にピント合わせをしていないと見えない目です。遠視が強いとピントが合わず見えていない時間帯も多くなり、視力が育ちにくいことがあります。就学前の遠視のお子さんには、点眼薬で調節する力を取って強い遠視がないかどうかをチェックすることをおすすめしていますが、結局この検査を受けないまま数年後に受診することもあり、「検査しなくても大丈夫だったじゃないですか」と保護者に言われることがあるのですが、これは後から言えることです。


強い遠視がなかったから、あるいはあったとしても視力が成長したために問題なく見えているのですが、もし強い遠視により見えない状態が続いていて弱視になった場合、そこからの治療はまずできません。弱視になる可能性が高い状態を見つけだして治療するのは成長している途中に行うものです。


強い遠視の場合メガネを使う治療になりますが、「子どもにメガネはかわいそうなのでもし治療が必要でもやりたくない。なので検査も受けません。」と言われることがありますが、大人になって視力が出ないほうがかわいそうだと思います。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

円錐角膜

円錐角膜とは、角膜が突出してくる原因不明の病気です。軽症の場合にはハードコンタクトレンズで視力が出ますが、重症になると角膜移植が必要になることもあります。


最近クロスリンキングと呼ばれる治療法が行われるようになり、円錐角膜自体を完全に直すわけではありませんが、角膜の強度を増すことにより進行を止める可能性あり、とされています。


進行した円錐角膜にはこの治療が難しくなるため、進行前の早期に発見する必要があります。円錐角膜は進行すると通常の診察でわかりますが、早期の場合には角膜形状解析の検査で診断をします。しかしこの検査ができる器械はどの眼科にでもあるものではありません。(残念ながら当院にもありません。手術を行う眼科の多くは持っているはずです。)


この検査を行わないで円錐角膜を疑うには(疑ったら専門施設に紹介すれば良いわけです。)、以下の状態が見られるときです。(CLEK Study IOVS 1998)

*斜乱視

*角膜K値が45D以上

*近視の変化が大きい(7年で1.6D以上)

*オートレフラクトメーターで上下の差がある。(通常は角膜中央で測る検査ですが、上下で測ってみます。)

*自覚屈折に測定値と差がある

*アトピー性皮膚炎がある。

 

円錐角膜研究会の動画がありますので、リンクしておきます。



Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

コンタクトレンズによる角膜感染症

コンタクトレンズの間違った使い方をしていると(こすり洗いをしない、レンズケースの洗浄・交換を行わない、決められた日数以上に使う、など)、通常は丈夫な角膜に感染を起こすことがあり、時に失明することもあります。

角膜感染 

写真はおそらく緑膿菌による角膜感染症で、なんとか穿孔しないですみましたが、角膜に混濁が残ってしまっています。

ulcePost.jpg 

重症化すると穿孔することもあるため、入院できる病院に紹介しますが、その際に紹介元の眼科としてやっておいたほうが良いことがあります。(先日の佐々木香る先生の講演より)

 

*コンタクトケースも持参する→角膜の感染部位を培養しますが菌が出ないことも多く、コンタクトケースも培養して原因菌を探します。

*初診時の写真を持参する→治療しているうちに最初の病変が変化してしまい、診断がつきにくくなるためです。

*直前に薬を変更しない→どの治療にどう反応したのか、反応しなかったのかがわからなくなってしまうためです。

*バンコマイシンや抗真菌薬は入れない→耐性菌に対して使われるバンコマイシンや真菌の治療は、紹介先の高次病院で行うことです。

 

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

メトトレキセート関連リンパ増殖性疾患

眼科とは直接関係のない病気ですが、副鼻腔にできて視力障害を起こした、という話を学会で聞いたので覚書として。


メトトレキセートは抗がん剤ですが、リウマチに使われることもある薬です。この薬を飲んでいる人に、大体投与5年くらいしてこのリンパ増殖性疾患が出ることがあるそうです。必ずしも薬が原因とは言いきれないようではありますが、メトトレキセートをやめてよくなれば薬の副作用と考えられます。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

 

PageTop

「はやり目」のあとの角膜混濁

アデノウイルスによる非常にうつりやすい結膜炎「はやり目」は、結膜炎の症状がつらいだけでなく、角膜に濁りが出ることもあります。多発性上皮下浸潤(Multiple subepithelial infiltrateMSI)と呼ばれ、ウイルスに反応したリンパ球の集まりです。写真では瞳孔の前にいくつもうっすらとした濁りが見えていますが、こうなると見えにくさが出てしまいます。

MSI.jpg 

ステロイド点眼に反応して消えることがわかっていますが、やめると再発することも多く治療に苦労します。この濁りが出た時点で一番強いステロイド点眼を使ったほうが良いという意見もあり、ステロイドによる眼圧上昇の副作用が出やすい子どもの場合どう治療するのかなかなか難しいところです。


結膜炎と言ってもこのような強い炎症の出るものもあります。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop