FC2ブログ

みさき眼科クリニック@代々木上原

薬が効かないのは大事な情報

他の眼科で薬をもらったけれども治らない、というときには、いろいろな状況が考えられます。


*診断が間違っている。

*診断はあっているが、薬が弱いものが出ている。

*薬はあっているが、点眼と軟膏を使わないと治りにくい状態だった。

*もっと効果のある別の種類の薬があるが使ってない。

*処方された薬の副作用が出ている。


というようなことを考えて診察しています。


何か特殊な治療があるわけではなく、それまでの治療を確認するのが大事なのですが、時に以前の治療内容がまったくわからないままに受診され、「一番強い薬を出してください」と言われることがあります。


この薬が効かないなら本当はこういう病気なのでは、というのも診療する上で大事な情報です。おくすり手帳などの処方がわかるものをお持ちください。それまでの治療がわからないと、また同じ薬を出すことになってしまうこともあり、最初からやり直しになってしまいます。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト



PageTop

内斜視はスマホが原因?

乳幼児のころの斜視(目の位置がずれていること)は、生まれつきであったり強い遠視がある原因のことが多く、10歳以降に以前はなかった斜視が起きるのは何か病気が考えられます。


最近話題になっているのは、15-17歳の男子に多く見られる内斜視で、スマホの長時間使用が原因ではないか、というものです。目が内側に寄ってしまい二つに見えているはずなのですが、本人はあまり不便を感じていないようで、スマホ使用を控えれば治るかというとそうでもなく、手術になることが多いそうです。


もともとあった軽い斜視が悪化したのか、はたまた心因性もあるのか、いろいろ議論されているようで、調査も始まっています。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

ミドリンPアレルギー

点眼薬によるアレルギーは時々起きます。毎日使うものであれば患者さんご自身が気付きやすいのですが、検査に使われる点眼の場合はしばらくすると治ってしまうので原因不明と思われていることがあります。


眼底検査に使われるミドリンP点眼(サンドールPやオフミックという商品名もあります。)に入っているフェニレフリンにアレルギーを起こす場合があり、眼科で検査を受けた後に数日充血する、というのであればその薬が原因かもしれません。数時間ぼやける散瞳眼底検査は定期的に受ける人が多いので、そのような症状が出る場合には眼科にお伝えください。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

眼底出血による視力低下が回復するかどうか

眼底出血でよく見るものは、写真のような網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)と呼ばれるもので、動脈硬化で硬くなった動脈の壁が静脈を押しつぶしてしまい起きる状態です。

BRVO.jpg

現在治療の主流は、抗VEGF抗体を眼球内に注射する方法で、1回注射をしただけで治る人が20%くらいと報告されています。残りの半分の人は数ヶ月ごとの注射を行い一年くらいで治るのですが、あとの人は治療をしても残念ながら視力低下したままです。

BRVOOCT1.jpg

治療が効いて視力が回復するのは、出血した部分の層構造が保たれている場合とわかっています。カラーの図は眼底写真の出血部分をOCT(眼底三次元画像解析)で見たもので、矢印の上部左側が少し盛り上がっているのは「むくみ」が起きている部分です。これが視力低下の原因となります。BRVOOCT-2.jpg

もうひとつの図は出血を起こしていない正常のほうの目であり真ん中がくぼんだきれいなカーブが見えていますが、「むくみ」の起きているほうの図はその状態が崩れているのがわかると思います。ただ、矢印のすぐ上あたりは層構造が壊れていませんし、矢印の上側が少し上に盛り上がっているのはFoveal bulgeと呼ばれる部分で、これが残っているのは視細胞が健常ということであり、回復の見込みがあるとわかります。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

学校でのケガ

学校でのケガは、小学校では休憩時間、中高は部活動のとき、それも球技を行っているときに多く起きています。


目のケガの原因となったスポーツは、野球、サッカー、バスケ、テニスがトップ4ですが、これらは部員数も多いのでよく受診するようです。部員の数で調整すると、野球(含ソフトボール)がケガをする率が高く、卓球とバレーボールは少ないようです。


目のケガは他の部分のケガより少ないのですが、いったんケガをすると障害を残すようなことが多く、注意が必要です。上記にないバドミントンも重症例があります。そのため、スポーツ中の保護メガネの使用が勧められています。接触プレーの多いバスケット、ラグビー、ヘディングをするサッカーは保護メガネが向かないようです。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop