みさき眼科クリニック@代々木上原

眼に出る抗がん剤の副作用

抗がん剤は眼にもさまざまな副作用を生じます。


免疫チェックポイント阻害薬と呼ばれる抗がん剤は、悪性黒色腫、肺の非小細胞癌に使われることがあります。免疫関連有害事象と呼ばれる全身の臓器に起きる副作用は、間質性肺炎、大腸炎、甲状腺機能低下症、肝障害などがあり、眼ではぶどう膜炎が報告されています(頻度は1%未満)。


免疫チェックポイント阻害薬の一つであるPD-1抗体(ペムブロィズマブ、ニボルマブなど)を投与した後に原田病のようなぶどう膜炎を生じたという報告があります(Pharmacotherapy 36: 183-188, 2016. Clinical Case Reports 5: 694-700, 2017.


もともとPD-1は原田病の発症に関連しているのと、PD-1PD-L1に結合して眼の炎症をおさえる働きがあるのですが、ここに抗PD-1抗体が結合すると炎症抑制のシステムを破たんさせるために、このような副作用が起きるらしいです。


抗がん剤治療をしていることを眼科外来ではお話しされない患者さんも多いのですが(関係ないと思っているようです。)、意外に今困っている症状が薬の副作用のこともありますので、治療中の病気や使っている薬のことは説明してください。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

健康診断の結果

健康診断で「○○の疑い」と書かれていた場合、より詳しく検査のできるところを受診してください、ということです。

「疑い」だから病気ではないので、放っておいてよいということではありませんので、ご注意ください。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

白内障術後眼内炎

白内障手術は眼科手術のうち最も多く行われている手術です。術前、術中、術後のすべての期間において感染症対策は行われていますが、どうしても一定の割合で手術後の眼内炎が起きてしまいます。


205の施設で一年間に行われた5万件ほどの白内障手術の経過を追っていくと、術後眼内炎の発生率は術後8週間に0.025%であったという報告が出ています。(Jpn J Ophthalmol: 2018; 62:24-30.


白内障手術は術直後の視力の回復も早いことがほとんですので、いったん見えるようになったのに視力が低下する、充血が出始める、というのは何らかの炎症サインです。早めに手術を受けた施設を受診してください。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

緑内障のOCT検査

最近は緑内障の診療にOCT(眼底三次元画像解析)が欠かせなくなっています。解析方法に視神経乳頭と黄斑部をチェックする二つの方法があるのですが、どちらが緑内障の早期発見に向いているかというと、早期の変化が出るのは視神経乳頭と黄斑部が半々だそうで、どちらの検査も必要と言えます。

視神経乳頭部分の解析(部分)

OCT1.jpg 

黄斑部の解析(部分)

OCT2.jpg 

(メーカーによって多少図は異なります。)

両方の解析を行なっても料金は同じで、写真を撮る枚数が増えるだけです。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

病気のリスクファクター

いまの状態は緑内障ではありませんが、緑内障になりやすい眼なので定期的に検査を受けてください

と言ったところ

「いま『緑内障じゃない』って言っただろ。じゃあ、なんで病気じゃないのにまた来なきゃいけないんだ。」

と怒ってしまった患者さんがいたのですが、緑内障になる率が高い(いわゆる「危険因子=リスクファクター」がある)と考えられる眼の変化があります。このリスクファクターがあるからと言って全員が緑内障になるわけではないのですが、自覚症状が出るころには緑内障は末期の状態ですので、その前に緑内障の変化がで始めたころに治療を始めたほうが良いのです。


人の体は年々変化していきますし、緑内障は年齢が進むと多くなる病気でもあり、リスクファクターがなくてもある程度の年齢になれば眼底写真でチェックすることをおすすめしています。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop