みさき眼科クリニック@代々木上原

大人用、子ども用

処方される点眼薬は飲み薬とちがい「子ども用」というものがありません。子どもでも大人と同じものを使います。


だからと言って、大人に処方された点眼を子どもがそのまま使ってはいけません。処方薬はその人個人に対して処方されたものですし、ステロイド点眼のように副作用が子どもに出やすいものがあります。ステロイド点眼を子どもにも処方することがありますが、それは医師が必要だと考え、副作用のチェックをしながらの処方です。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

診察が必要です。

ご本人が来院されないと薬の処方せんを出すことはできません。


事情がある場合には症状が変わりないことを家族に確認の上で薬を出すこともありますが、その事情とは「眼科のない病院に入院してしまった」などであり(病院によっては薬を出しにくいことがありますので確認が必要です。)、寝たきりであるなら往診して処方しています。また出せる薬も継続して治療しているものに限ります。


毎年花粉症の症状が出るので去年と同じ薬を出してほしいと家族の方だけが来院されても処方せんを出すことはできませんので、ご本人が来院してください。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

結膜浮腫

アレルギー性結膜炎などで目がかゆくこすってしまったときに、白目がぶよぶよとふくれてしまうことがあります。びっくりして救急受診する方も時々いらっしゃいますが、これは自然にひいていきますので放っておいて大丈夫です。

結膜浮腫 

かゆみがあり手元にアレルギー性結膜炎の点眼があるなら使ってよいですし、何も目薬がなくかゆみが気になるなら冷やすだけでもある程度効果はあります。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

まだ花粉シーズンです。

10年前と比べると花粉症の有病率は約20%から約30%に増えているそうです。そしてとくに未成年の子どもたちの花粉症率が上がっています。くしゃみ鼻水もつらい症状ですが、「目がかゆい」ということは学業にも影響します。


今年はヒノキの花粉が多いこともあって、まだつらい症状が続いている人も見かけます。そして普段この時期に花粉症の症状が出ない方の場合、長く続くくしゃみや喉の痛み、涙目を「風邪」だと思っている方もいるようです。


涙でアレルギーなのか簡単にチェックできますし、ヒノキにもアレルギーがあるかを調べる採血検査は当院でも可能です。(採血は土曜は予約のみ、平日でも遅い時間には対応できないことがありますので電話でご確認ください。)


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

PPG(Preperimetric glaucoma) 前視野緑内障

眼底に緑内障と考えられる変化があるものの、視野検査では異常が出ない状態をPPG=Preperimetric glaucoma(前視野緑内障)と呼びます。いずれは進行して緑内障になる可能性が高いのですが、どの時点で治療を開始するかは悩むところです。特に最近はOCT(眼底三次元画像解析)検査ができるようになったため、かなりの早期に緑内障性の変化をとらえることがあります。

乳頭出血 

治療したほうが良いPPGは、眼圧が15mmHg以上、乳頭出血が見られる(写真)60歳以下などのリスクファクターがある場合とされています。そして年を取るとともに緑内障の有病率は増えていきますので、いったん眼底写真などで問題なしとされても、特に40才以上になれば定期的な眼底写真撮影をおすすめします。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop