fc2ブログ

みさき眼科クリニック@代々木上原

お知らせ

何年にもわたって書いてきたブログですが、いったん中断します。

 

眼科の話のほうは、学んだことを自分の知識として整理し、患者さんに説明できるようにと思い書いていました。しかしながら、最近は「説明」を「治せない言い訳」ととらえ、こちらの話をさえぎる患者さんに出会います。患者さんが何に困っているのか聞き出すのも大事な診療なのですが、話はしなくて良い、と打ち切られることもあります。文章によるコミュニケーションは不要な時代になったのかもしれません。忙しい方が多いからでしょうか。

 

飲食店は、「まずい」とは書きにくいなあ、という店が繁盛しているのを見ると、自分の味の基準がもう時代遅れなのだと痛感します。インスタ映えだけの店には行きたくないと思うのも若くないからです。

 

文章書くのは好きなのですが、同業者に「わかりにくい文章」と言われたこともあり、ずっと書いていれば上達するのかと思っていましたが、難しいものですね。

スポンサーサイト



PageTop

はじめ@幡ヶ谷

定食屋さんなのですが、丁寧に作ってあり好感持てます。お酒はありませんが、自炊しない人の強い味方かな。

hajime.jpeg

はじめ@幡ヶ谷

渋谷区幡ヶ谷2-5-8

Tel:不明

営業時間:11:45-15:00 17:30-21:00

定休日:木曜、日曜、祝日

お店のTwitterこちら

お店のインスタはこちら

食べログでの案内はこちら


PageTop

先天性鼻涙管閉塞

涙は目頭にある穴から鼻に流れていきますが、生まれたときに鼻のほうに通じる部分が閉じていることがあり、先天性鼻涙管閉塞と呼ばれています。


一歳になるころまでにほとんどが自然開通することがわかっていますが、成長すると全身麻酔なしでの処置が難しくなるため、通常生後半年ごろに治療することが通常です。


涙目の症状で診断がつくため、眼科を受診せず小児科で様子を見ていることもあるようですが、生後半年くらいには眼科でその後の治療について相談したほうが良いでしょう。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

子どもの近視

子どもが成長すると近視も進行するのですが、最近は小学校に上がる前にメガネが必要な子どもが増えた、と感じていました。その裏付けになるような「小学校低学年の近視進行が速くなっている」という論文が出ています。 日眼会誌125: 1093-1098, 2021


近くを見ることで近視は進行し、太陽光を浴びることで進行抑制ができるのですが、おそらくはコロナ禍で外に出ることが少ない子どもたちは勉強も娯楽もスマホやタブレットで行っていたので近視が進行しやすくなっているのでは、と思われます。


最近は学校での授業でもタブレットを使います。スマホやタブレットはどうしても近くで見ることになるので、これらの機器を使って学習するならプロジェクターに投影したほうが良いのでは、ということも言われています。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

Hato@初台

コース料理をリーズナブルな金額で食べたい、と思う若者向けかも。

Hato1.jpegHato2.jpegHato3.jpeg

Hato@初台

渋谷区初台1-9-7 T&Tビル1F

Tel: 03-6770-3944

営業時間:18:00-22:30

定休日:水曜+不定休

お店のインスタはこちら

食べログでの案内はこちら



PageTop