みさき眼科クリニック@代々木上原

牛肉アレルギーと抗がん剤

眼科とは直接関係ない話ですが、皮膚科ドクターの講演が面白かったので書いておきます。


牛肉にアレルギーを起こす人は子持ちカレイにもアレルギーを起こすのですが、これは四足動物の肉に含まれる糖鎖(αGalgalactose-α1.3-galactose)がカレイの卵にも存在するためで、このアレルギーがある人は牛肉のほか豚肉も食べられませんが、鶏肉、カレイの身は食べても大丈夫です。


このアレルギーを起こすきっかけはマダニに咬まれることだと考えられています。犬についてくるマダニの唾液腺にこの糖鎖が含まれていて、マダニに咬まれると抗体が産生され、その後この糖鎖を含む肉を食べるとアレルギーが起きます。そしてこのアレルギーはAO型の血液型の人に見られ、B型の人はまずなりません。血液型は糖鎖で決定されますが、B型の人はこの糖鎖をもともと持っているためにアレルギーを起こしにくいようです。


セツキシマブ(アービタックス)という抗癌剤はこの糖鎖を持つ薬です。静脈投与するため、牛肉アレルギーの人に投与すると重篤なアレルギー症状が起き、初回治療で死亡することもあります。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

五鉢@幡ヶ谷

近所で働く男性たちに人気の定食屋さんです(女性客もいますが少数派)。700-800円でこの定食はお買い得なので、人気があるのもわかります。

gohachi.jpg 

五鉢@幡ヶ谷

渋谷区西原1-22-9

Tel: 03-6407-1353

営業時間:11:30-14:30 17:30-23:00

定休日:日祝

食べログでの案内はこちら


PageTop

紹介状

緑内障は診断されれば一生治療が必要な病気です。転院を希望される場合、それまでの経過を書いた紹介状をお持ちになることをおすすめします。


使っている点眼薬のことがわかるだけでなく、治療前の眼圧や、経過中に悪化しているのか変化していないのかどうかは、患者さんのお話しだけではわからないからです。もちろん紹介状なしでも診察はできますが、せっかくの診療データを捨ててしまうことになり、もったいないことになります。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

スギ花粉症のシーズン到来

先週末より花粉症の症状が出ている方が受診されています。


毎年花粉症の症状が出るのであれば、症状がひどくなる前の治療をおすすめしています。花粉が多く飛んだ翌日は皆症状が出てしまい、内科、耳鼻科、小児科、眼科、どこの外来も混雑するのが通常です。あらかじめ薬をもらっておいたほうが待ち時間も少なくすみます。


時々「旅行中にものもらいになるかもしれないから抗菌点眼を処方してほしい。」と言われ、この場合には処方していませんが(起こらないかもしれない病気の治療は行いません。)、毎年出る花粉症の場合にはあらかじめ処方することもしていますので、ご相談ください。飲み薬も処方していますが、毎年飲んでいて相性の良いものを処方しようとする場合、薬の名前がわからないと処方できません。お薬手帳をお持ちください。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

LUG@幡ヶ谷

カフェです。中が結構広いので使いやすいかも。

Lug.jpg 

LUG@幡ヶ谷

渋谷区幡ヶ谷2-19-1 カーサ幡ヶ谷1F

Tel: 03-6300-4616

営業時間:ランチ11:00-15:00 カフェ15:00-18:00 ディナー&バー18:00-翌日2:00(ディナーL.O. 23:30)、日曜は23:00まで

定休日:月

お店のホームページはこちら

お店のFacebookこちら

食べログでの案内はこちら


PageTop