みさき眼科クリニック@代々木上原

ムチンのバリアー機能

ムチンとは粘液の一種で、体内のいろいろな部分に存在します。眼の表面もこのムチンで覆われていて、潤滑作用、水ぬれを良くする働き、そしてバリア機能があることがわかっています。

眼の表面には細胞同士が接着しているタイトジャンクションと呼ばれるバリアー構造があり、それに加えて表面にあるムチンがバリアーの働きをして眼を守っています。このバリアーは点眼液に含まれる防腐剤の塩化ベンザルコニウムにより破壊されるのですが、ドライアイの治療薬であるムコスタ点眼はタイトジャンクションのバリアー機能も改善すると同時に膜型ムチンも増やすことがわかっています。

点眼液の防腐剤が原因と考えられる症状に悩む患者さんから相談を受けることがあり、大体がステロイド剤で改善後防腐剤フリーにすることで対処できるのですが、症状によってはムコスタ併用を考えてみても良さそうです。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する