みさき眼科クリニック@代々木上原

IgG4関連疾患

涙腺とは上まぶたの外側にある涙を作っている分泌腺です。そこが腫れる病気で以前はMickuliz(ミクリッツ)病と呼ばれていたものが、IgG4関連疾患であることが最近わかりました。

IgG4関連疾患とは、抗体であるIgG4が血清中で高値となり、IgG4陽性形質細胞やリンパ球が膵臓、涙腺、唾液腺、腎臓などに浸潤し、臓器の腫大、炎症、組織の線維化をきたす全身疾患です。

以前は臓器が腫れるため腫瘍と診断されて手術をおこなうこともあったそうですが、最近はこの病気を疑い採血して診断できるようになりました。原因は不明ですが、ステロイドの全身投与がよく効くことがわかっています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する