みさき眼科クリニック@代々木上原

先天色覚異常

先天色覚異常の分類は1色覚(旧称:全色盲)、2色覚(旧称:2色型色覚、色盲)、異常3色覚(旧称:異常3色型色覚、色弱)となります。先天色覚異常は遺伝するもので、後天色覚異常は病気や薬の影響で色覚に異常が出る状態です。
物を見ている網膜の視細胞には、明所で機能する錐体 と暗所で機能する杆体の2種類があります。錐体は3種類あり、最大感度波長によりS、M、L(それぞれの旧称:青錐体、緑錐体、赤錐体)と呼ばれています。

1色覚は杆体のみが機能する「杆体1色覚」と錐体のみが機能する「錐体1色覚」の二種類がありますが、ほとんどが杆体1色覚です。色覚障害のほか視力障害、羞明、眼球振盪を伴う稀な疾患です。

2色覚は3種類の錐体のいずれか一つが欠損し、異常3色覚では3種類のいずれかひとつの最大感度波長が正常と異なりますが、どちらも色覚異常以外の視機能に異常は認められません。2色覚と異常3色覚は異常錐体の種類によって、それぞれ1型色覚、2型色覚、3型色覚と分類されますが、3型はほとんどありません。眼科に色覚の相談で受診されるのは、先天赤緑色覚異常と呼ばれる1型と2型です。

先天色覚異常は性染色体のX連鎖性遺伝です。男性はXY、女性はXX遺伝子ですので、男性はX遺伝子に色覚異常遺伝子があれば発症、女性は両方のX遺伝子に色覚異常があれば発症、片方であれば保因者(遺伝子を持っているだけで発症しない)となります。日本人における頻度は男性の約5%、女性の約0.2%、女性の保因者は約10%、1型と2型の比率は約1:4となっています。

色覚検査は平成14年に学校健診の項目から削除されましたが、平成26年に希望者には検査を実施するよう文部科学省から学校への指導が行われています。日本眼科医会の調査では、小学校低学年の色誤認によるトラブル、また中高生では進学就職時のトラブルが多いことより、小学校一年の二学期(一学期ではまだ検査が理解できない子どもがいるため)と中学一年の時点で希望者に検査を実施することをおすすめしています。
色覚検査は開業医でも簡単に行えますので、ご相談ください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する