みさき眼科クリニック@代々木上原

iPhone iPadは視覚障碍者が活用できるツール。

スマホを持っている人は多いと思いますが、実は視覚障碍のある方に非常に便利なツールです。拡大しやすい、ということはすぐわかると思います。パソコンでマウスを動かしてカーソルを目的の場所に持っていくという動作、これは視野の狭い方には非常に難しいのですが、スマホは触れば操作が可能です。特にiPhone iPadはデザインが視覚障碍者向けにできています。

これまで視覚障碍者向けのツールとしては、外出時の単眼鏡や、本や書類を置いて読むための拡大読書器がありました。しかし、意外に使いにくいという問題があります。顕微鏡で拡大を強くしたあとに見ているものが視界からはずれてしまうと探せなくなる、ということを経験した人も多いと思いますが、単眼鏡で身の回りの物を見ようとすると同じことが起きます。これはスマホの場合、見当をつけて写真を撮って拡大してみれば確認することができます。拡大読書器は実際のページを拡大して読むために、本を動かさないと全文を読むことはできません。デジタルになっている本の場合、段組みを変えることができるため、読みやすいサイズ、そして縦書きか横書きかを選ぶことができます。(人によって縦が読みやすい人、横が読みやすい人、ということがあります。)

そしてスマホは、色やコントラストもその人が見やすいように調整できます。視覚障碍者は見え方が変動することも多く、その調子に合わせて変更できるのも良いところです。角膜の病気で見えにくいときには、このようなデジタル機器のほうが見やすくできることが多いそうです。全盲の方も使いこなせば便利なツールになります。また視力は良好でも字の認識が難しい読み書き障害(Dyslexia ディスレクシア)の人にもデジタル機器は役立ちます。

以上は三宅琢先生の講演を聞いての簡単なまとめです。三宅先生は視覚障碍者をiPadで支援する目的の会社を作られています。Studio Gift Hands サイトはこちら。三宅先生の講演は本当に「目からウロコ」の話題満載です。

学校で使う教科書のデジタル配信してくれるサービスがあります。アクセスリーディングのサイトはこちら

今後の問題点は、これまで使われている視覚障碍のための機器には補助金が出るのに対し、スマホはまったく個人の負担になってしまう、ということだと思います。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する