みさき眼科クリニック@代々木上原

非ステロイド系抗炎症点眼薬による角膜上皮障害

ステロイド剤ではない炎症をおさえる点眼薬は、ジクロフェナク(ジクロード)、ネバフェナク(ネバナック)などがあり、白内障の術後によく使われます。ブロムフェナク(ブロナック)点眼もステロイド剤点眼を使いたくない時(ステロイドを使うほどの強い炎症ではない、ステロイドの副作用が心配なとき)などに、処方されます。

これらの点眼は時に角膜上皮障害を起こすことがあり要注意です。もともとドライアイがあったり、ドライアイになりやすい膠原病があるときに白内障手術をしてから角膜穿孔し、これらの点眼が原因と考えられたという報告もあります。白内障の術後の角膜穿孔は非常に珍しい合併症ですが、手術後は眼内の炎症の程度、視力だけではなく、角膜の傷のチェックも必要と言えます。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する