みさき眼科クリニック@代々木上原

弱視

弱視とは、視力の成長時期(6歳、遅くても10歳まで)に見えていないことが原因で視力が出ない眼になってしまうことです。これは大人になってからの治療はできません。

原因としては、生まれつきの白内障などの病気がある、強い遠視、近視、乱視がある、左右の視力に差がある、斜視がある、などがあげられ、早いうちにこれらを見つけ必要な治療を行います。片方の眼を塞ぐようなことがあっても弱視になるため、乳幼児の眼帯は必要があってもかなり慎重に工夫して行います。眼科の指示がないのに、保護者や保育園、幼稚園の判断で眼帯をつけてはいけません。生後一ヶ月の子どもの片方の眼に一週間眼帯をしただけで弱視になった、という報告もあります。

見えていないのでは、左右の見え方に差があるのでは、という様子があれば早めに眼科へ、そして4歳になれば視力が測れるようになりますので眼科で一度は測りましょう。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する