みさき眼科クリニック@代々木上原

眼科の定期検査

40歳以上の5%以上に緑内障があると言われていますので、年に一回くらいは眼底写真の検査をおすすめしています。一回検査を受けて問題がなかったから、とその後まったく検査を受けない人が時々いらっしゃいますが、数年先にどうなるかは予測がつかないものなので、視力(矯正視力がきちんと出るか)、眼圧、眼底写真の検査をおすすめしています。職場での健康診断では視力のみですので、緑内障の早期発見はできません。

眼底写真やその他の検査(眼底三次元画像解析=OCTなど)で緑内障の初期変化と考えられるものがあっても、視野にまだ異常が出ていない場合には、点眼治療を始めずに経過観察だけする場合があります。他に緑内障になりやすい危険因子がある場合には視野変化がなくても治療を開始することがありますが、緑内障の特徴のひとつに「進行していく」というものがありますので、経過を追うことも大事です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する