みさき眼科クリニック@代々木上原

眼圧下降以外の緑内障治療は?

「緑内障とは、視神経と視野に特徴的変化を有し、通常、眼圧を十分に下降させることにより視神経障害を改善もしくは抑制しうる眼の機能的構造的以上を特徴とする疾患である。」と定義されています。

緑内障を進行させないと確認されている唯一の治療法は眼圧を下げることです。ただ日本人の多くは眼圧がもともと低い正常眼圧緑内障であり、治療前の眼圧を下げることはなかなか難しい場合が多くなります。また正常眼圧緑内障の患者さんの眼圧を下げても視野障害が進行してしまう人がいることもわかっていて、眼圧以外の緑内障に対する危険因子に対する治療法が開発できないか、と研究が進められています。

緑内障の進行危険因子は遺伝、全身または眼局所での循環障害、酸化ストレス、炎症、網膜毒性、視神経乳頭部分の弱さなどであり、それらが網膜神経節細胞を障害し、最終的に網膜神経節細胞死にいたります。このうちのどれかを改善する、除去するような治療法が望まれます。

私が研修医だったころを考えると緑内障の治療薬は格段に進歩していますが、まだまだ治療が難しい緑内障もあり、研究が必要な分野です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する