みさき眼科クリニック@代々木上原

手術中の眼の乾きを防ぐ

まばたきにより涙は目の表面に広がり目を乾燥から守っています。白内障の手術などの間は器械で強制的に目を開いているため、水分を適時補わないと目の中が見えにくくなり手術がうまくいきません。水がありすぎても見えにくいため、手術中の「水かけ」は手術助手の腕の見せどころです。

手術前にドライアイの治療薬ジクアス点眼を使うことによって、手術中の乾きを少なくできることがわかっています。手術中の水かけ回数が減ったり、水かけをしたあと眼表面が乾燥して見えにくくなるまでの時間が長くなったりします。

ずっと目を開けていると、目の表面を守るムチンという粘液を出す細胞が減少して上皮障害が起きますが、動物実験ではムコスタ点眼、ジクアス点眼でこの障害を少なくすることができると報告されています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する