みさき眼科クリニック@代々木上原

アレルギー性結膜炎による角膜の傷

角膜の傷が治らない、ドライアイがひどいためでしょうか、と相談されることがよくありますが、角膜の傷はアレルギー性結膜炎でも起こります。アレルギー性結膜炎が重症化するサインが角膜障害です。

角膜の傷がひどくなり潰瘍となる場合には、春季カタルと呼ばれるアレルギーの特殊タイプのことがあり、免疫抑制剤の点眼やステロイド剤の治療が必要となります。アトピー性皮膚炎に合併するアレルギー性結膜炎は、アレルギーに特徴的とされる上眼瞼結膜の乳頭増殖がなくても角膜障害が出ることがあり、多くはステロイド剤の点眼と軟膏の治療が必要となります。

軽いアレルギー性結膜炎でも角膜に傷があれば、ドライアイの治療で治ることはなく、抗アレルギー薬やステロイド剤の点眼が必要となります。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する