みさき眼科クリニック@代々木上原

可逆性後頭葉白質脳症

可逆性後頭葉白質脳症=PRES(posterior reversible encephalopathy syndrome)は、主に後頭葉白質に可逆性の病変を来す疾患です。頭痛、意識障害、けいれんという症状のほか、視野障害、複視が出ることがあり、眼科受診することがあるそうです。(私はまだ経験ありません。)眼の症状の原因が分からずMRIなどの頭部画像診断で初めてわかるようです。

急激な血圧上昇、膠原病などが原因となったり、免疫抑制剤、抗がん剤の使用によるものが報告されています。血管透過性の亢進、血管内皮細胞障害が起こり、浮腫が起きる、また血管攣縮により症状が悪化すると考えられています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する