みさき眼科クリニック@代々木上原

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

眼けん痙攣は、目が開きにくい、まぶしいなどの症状があり、ボトックス注射で症状が軽くなる病気です。

親子で発症することがあるので、この病気を起こしやすい遺伝的な要素があることも考えられ、そこにベンゾジアゼピン系抗不安薬を使うことなどにより発症するようです。眼けん痙攣は意外に診断がついていないことがありますが、特殊な検査をしなくても治療経験のある医師であればわかるはずの病気です。抗不安薬などを飲んでいて目の不調があればご相談ください。(飲み薬などの原因なしに発症することもあります。)

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する