みさき眼科クリニック@代々木上原

網膜静脈閉塞症

動脈硬化が進むと、固くなった血管壁が静脈を圧迫し血栓を作ることで網膜の静脈がつまってしまうことがあります。網膜静脈閉塞症と呼ばれ、約1%に起きるのでさほど珍しい病気ではありません。高血圧、動脈硬化がある人に起きやすい病気です。視力に大事な中心部の黄斑部に浮腫が起きると視力が低下します。
BRVOpre.jpg

この黄斑浮腫にはレーザーなどの治療が行われていましたが効果があまりなく、最近は新生血管を抑制するラニビズマブ(商品名:ルセンティス)、アフリベルセプト(商品名:アイリーア)という抗VEGF抗体を眼球内に注射する方法が効果をあげています。

部分的な閉塞が起きる網膜静脈分枝閉塞症は自然経過でも黄斑浮腫が改善することがありますが、中心静脈が閉塞してしまった場合には早めの治療が勧められています。治療開始後一年たってもまだ注射が必要なこともあり、経過観察が大事です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する