みさき眼科クリニック@代々木上原

近視と緑内障

最近は緑内障の診断に眼底三次元画像解析(OCT)をよく使います。
OCT NFLD

視神経乳頭のまわりの神経の厚みを測って判定していますが、強度近視の場合眼軸が長いため、OCTで測定する直径が広くなり網膜が薄いという判定になってしまいがちです。最近では強度近視の人用のデータも入っている解析も行えるようになっているそうです。

強度近視の場合、緑内障でなくても視野が緑内障のようになることが多く診断に悩みます。OCTでは視神経乳頭の変化だけでなく黄斑部の解析も行い、近視の人に緑内障があるかの診断に役立つ検査となっています。緑内障の場合には黄斑部の神経節細胞が障害される、また黄斑部での解析が上下の非対称があると緑内障が疑われるというデータもあり、緑内障の早期発見にはOCTは非常に役立つものとなっています。
GCC.jpg

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する