みさき眼科クリニック@代々木上原

ドライアイいろいろ

ドライアイを専門としている眼科医以外にはまったく関係のない専門的な話ですが…

眼の表面はムチンという粘液に覆われ、その上に涙の水層が広がり、一番表面には油の層があって、と考えられていましたが、その後の研究でムチンは表面だけでなく水層にも溶けこんでいることがわかっています。
眼表面にある膜型ムチンは上皮の一部のようになり上皮の水ぬれを維持し、水層にある分泌型ムチンはゲルとなり一番表面にある油層と一体化していると考えられています。最近のドライアイの治療薬、ムコスタ点眼とジクアス点眼はこのムチンを増やす目薬です。この目薬を使うときには、眼の表面の乾く部分(Breakという言い方をします。)の出方をよく観察する必要があります。

Random Break:一度涙液層ができてからBreakができるタイプで軽症。ドライアイの薬はどれでも大抵効果が出ます。
Spot Break:開けた瞬間に乾いたスポットができる。これは眼表面の水ぬれ低下によるものなので、ムコスタもジクアスも効果あり。(写真)
スライド1

Dimple Break:眼を開けると上向きに油の層が動いていき、それにつられて水層も上にひっぱられます。また陰圧で下方向にも水層はひっぱられて水層破壊が起きます。瞳孔の部分でBreakするDimple breakにもムコスタ、ジクアスは効果があります。
Line Break:上記の水層破壊が線状に起きるもので、よく見られます。水が不足しているので、ジクアスや低濃度ステロイド点眼が効果あります。ヒアルロン酸点眼は点眼液が涙をすってしまいかえって悪くなるようです。(写真)
スライド2

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

フルメトロン使用

昨年末、ドライアイでそちらを受診したものです。 その節はお世話になりました。 低濃度ステロイド点眼について質問があります、

①フルメトロンの点眼回数に応じて、ガチフロを併用しますか? 例えば フルメトロン3回以上ならガチフロ3回、2回までならガチフロ不要、等

②フルメトロン使用時は、眼圧測定頻度は3ヶ月に1回で大丈夫ですか?

③フルメトロンに変わる炎症止めはありますか?

まっつん | URL | 2016-03-15(Tue)09:00 [編集]


Re: フルメトロン使用

抗菌点眼が必要なときには出しますが、フルメトロンを使うから抗菌剤を併用、とは私はしていません。(必ず処方するドクターもいます。)

ステロイド点眼を使用しているときには私は一ヶ月から二ヶ月に一回は受診してもらっています。これもドクターによります。

炎症にもいろいろありますので、フルメトロンの代わりにこれ、というのは一概には言えないと思います。

当院でドライアイに対してフルメトロンを処方したのでしょうか?もし効果がないのであれば、診察に来ていただいたほうが詳しくお話できると思います。

石岡みさき | URL | 2016-03-15(Tue)20:20 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-03-16(Wed)08:41 [編集]


Re: タイトルなし

フルメトロンなどのステロイド点眼を使わないと治らない眼の症状はあるので、他の治療法が効果ない場合は副作用に注意しながら使っていくこともあります。主治医の先生のところに定期的に通院しながら、また相談してみてください。

石岡みさき | URL | 2016-03-17(Thu)08:33 [編集]