みさき眼科クリニック@代々木上原

スギ花粉症に対する舌下免疫療法

最近保険適応になったスギ花粉症に対する舌下免疫療法は、スギ抗原に対する応答性を調節する治療法です。スギの抗原エキスを舌の下に入れる方法で、これまで行われてきた注射より患者さんが楽に治療を行えるという利点があります。

ただし全員に効果があるわけではなく、2割くらいの方はまったく効果がないようです。残りの8割もまったく反応がなくなる人もいれば、使う薬の量が減る程度の人もいます。二年間毎日続けなくてはならないので、結構根気がいる治療法です。スギが飛んでいる季節に行うとIgE産生が増えてしまうので、その時期は避けて開始することとなっています。また治療に対する反応性が低くなるため、ステロイド剤を飲んでいるときにはおこなえません。対象年齢は13歳から65歳とされています。

この治療法で目の症状も軽くなる人があると報告されているので、いずれ当院でも行うことを考えていますが、この薬は講習会を受けないと処方できないなどいくつかのルールがありますので、まだ処方できません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する