みさき眼科クリニック@代々木上原

中心性漿液性網脈絡膜症

視野の中心がゆがむ、小さく見える、などの症状が出る、働き盛りの男性に多い病気です。眼底検査では目の中心に円形の網膜剥離が見え、OCTという検査で見てみるとドーム上の剥離が見えます。
ICSCjpg.jpg
(写真はクリックで大きくなります)

以前は剥離の外側にある網膜色素上皮から水分が漏出して起きると考えられていましたが、最近の研究では網膜色素上皮の外側の脈絡膜が厚くなっていることがわかり、そこが病気の本質のようです。
csc1.jpg
csc2.jpg

自然に治ることも多いのですが、長引く場合にはレーザーなどの治療をすることもあります。いままでも眼底検査で診断はついていたのですが、OCTでより詳しく検査することで治療の時期もおすすめしやすくなりました。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する