みさき眼科クリニック@代々木上原

食物アレルギー

(直接は眼科と関係ない話ですが、アレルギーの原因を調べる採血セットにハンノキが入っていて、これが陽性に出る方が時々いますので。)

食物アレルギーの三大原因は鶏卵、牛乳、小麦です。これらに対しては成長に伴い耐性ができるので3歳までに5割、小学校入学までに8−9割がアレルギーを起こさなくなると言われています。アレルギーの原因となる他の食べ物は、ソバ、ピーナッツ、果物、甲殻類、魚、魚卵などいろいろあり、これらは自然な耐性獲得がしにくいと言われています。そのため学童になると果物のアレルギーが増えます。

果物に対するアレルギーは幼児の場合にはじんましん、腹痛、呼吸困難という即時型アレルギー反応が多く、学童以降は口腔アレルギー症候群(Oral allergy syndrome, OAS)として現れることが多くなります。

OASは中咽頭にあるIgE抗体による即時型アレルギーで、主な原因食品は果物や生野菜です。患者さんの多くが花粉にもアレルギーを持っています。原因食品を食べた直後に唇、口の中、のどがかゆくなったり、イガイガする感じ、腫れが出ます。花粉の飛ぶ時期と一致して症状が悪化することもあります。花粉抗原と似た形の食品タンパクが口腔粘膜に接触すると、そこの抗体が反応することでアレルギー症状が起きます。原因となる食品タンパクは加熱処理に弱いので熱を加えれば症状は出なく、胃液で壊されるので全身症状は出にくいとされています。ハンノキ、シラカンバに花粉症がある人がバラ科の果物(リンゴ、桃など)でOASを起こすのが一番有名です。

食べ物によるアレルギーは摂取後に運動をするとじんましん、呼吸器症状、ショックを起こす、食物依存性運動誘発アナフィラキシーという特殊型もあります。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する