みさき眼科クリニック@代々木上原

真夏のドライアイ

このタイトルは以前にも使っていますが、暑いシーズンには「朝起きたら目がゴロゴロして痛い。なんだかかすむ。」という患者さんが来院されます。大体が受診するまでに軽快しているのですが、これは寝ている間に薄目を開いていて、そこにエアコンの風が当たり乾燥してできた傷が原因です。写真のように角膜の下三分の一にライン状に傷ができます。
noclago.jpg

寝ている間は涙の分泌がないので、一番乾燥する時なのです。そしてお酒を飲んで寝ると薄目を開ける人が多いようで、飲んで帰ってエアコンつけて寝て朝びっくり、という人もよく来院されます。
ここまで傷がはっきりしていなくても、「なんだか1週間前から目がしょぼしょぼする。」と言う人に聞いてみると、その頃からエアコンや扇風機を寝ている間に使うようになったと言う人が多いです。

対策は風が直接あたらないようにすることと、ドライアイの点眼薬を処方したりします。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する