みさき眼科クリニック@代々木上原

目の裏にコンタクトレンズは入りません。

コンタクトレンズがいつのまにかなくなってしまった、目の裏に行ってしまったのでは、取り出すには手術が必要なのでは、と心配される方は多いようですが、簡単に取れないような場所に入ってしまうことはありません。まぶたの裏側から白目の表面までの目の表面は結膜でおおわれているからです。

目の中を鏡で見たけれど見つからない、というときは、落ちてしまったか、上まぶたの裏側にはりついています。眼科の診察時には染色液で染めてみるので、ソフトレンズが入っていれば黄色く染まり、また顕微鏡で拡大して診察するので見つけやすくなります。無理して目の中を指で探し回り、傷だらけになって受診し、その傷がゴロゴロする感じを「レンズが残っている」と言う患者さんも多いのですが、そうなる前に受診したほうが良いと思います。中には白目の結膜をレンズだと思いこみ、なんどもひっぱってしまいひどい炎症を起こしている人もいます。

なお、なぜかコンタクトレンズを探すのにレントゲンやCT、MRIが必要と思っている方もいますが、レンズはこれら画像に写りません。眼科の診察で十分です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する