みさき眼科クリニック@代々木上原

緑内障は早期発見が大事

全世界を調べると失明原因は白内障が多いのですが、手術で白内障を直すことができる日本での失明原因のNo. 1は緑内障です。40才以上の人を調べると5.5%に緑内障があると報告されていますが、年齢とともに病気になる率が上がっていくので70才台では10%に緑内障があります。これはかなり多い病気ということです。

が、進行するまで気づかない人が多いのは、自覚症状がほとんどないからです。進行すれば視野が欠けて見えないところが出てきますが、左右の視野の進行速度が異なり、両目で見ることによりそれぞれの見えないところを補ってしまい、見えない、という自覚につながらないのです。

早期発見には眼底写真が役立ちます。眼底写真で緑内障が疑われる、眼底写真でわかりにくい、という場合には、眼底三次元画像解析(通常OCTと呼ばれています。)が楽にできる検査です。現在病院の眼科のほとんど、また眼科開業医の半数ぐらいがこの器械を導入しています。(当院にもあります。)ドックや健診で眼底写真を撮っていないようなら、眼科で検査できますのでご相談ください。

健康診断で眼科の検査は大丈夫だった、とお話しされる患者さんの多くは労働基準法で決められた視力検査しか受けていないようです。眼底写真はフラッシュをたくまぶしい検査です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する