みさき眼科クリニック@代々木上原

疲れ目は見えすぎているからかも

「目が疲れる」という訴えの患者さんに視力検査をしようとすると「良く見えているから検査は必要ありません。」と断る方がいらっしゃるのですが、よく見えているからこそ目が疲れている可能性があります。

見ようとするときに目はピントを合わせていますが、そのピント合わせの力が強く必要なとき、そしてそれが長く続くときに疲れてしまいます。遠視の方は子どものころ視力が良いので、良く見えていることが目の疲れの原因とは気づかないことが多いのですが、遠視の目は遠くを見るときも近くを見るときも常にピント合わせをしています。特に近くを見るときには強くピント合わせをしないと見えません。子どものころはこのピント合わせの力がとても強いので目の疲れを感じないのですが、年齢とともにこのピント合わせの力がなくなっていき、まずは近くを見るために老眼鏡が必要となり、度数によっては遠くを見るのにもメガネが必要となります。

良く見えていた時期があるので、メガネをかけることに抵抗する方が多いのですが、目の疲れはメガネで解決する場合も多いのです。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する