みさき眼科クリニック@代々木上原

まぶたのけいれん

まぶたがピクピクと動くのは「眼瞼ミオキミア」と呼ばれるもので心配ないことがほとんどです。これを「眼瞼けいれん」と検索して、ボトックス治療を希望して来院される方が結構いらっしゃるのですが、まぶたのけいれん=眼瞼けいれん、ではありません。眼瞼(がんけん)はまぶたのことですが、病名となっている場合には違う病気です。

眼瞼けいれんの場合には、「目が開けられない」「まぶしい」などの症状が多く、ドライアイと診断されていることも多いのですが(眼瞼けいれんとドライアイの両方ある場合も多いです。)、リズミカルにまばたきをしてもらうとできない、という特徴的な症状があります。症状がはっきりしている方ですと、診察室に入ってきた時点で診断がつきますし、この病気を疑って診断テストをすると症状がはっきり出てきます。

「ぽんぽこぽん」というリズムにあわせてまばたきをすることがうまくできない、ぎゅっと目を閉じたあとにうまく開けられない、という時には眼瞼けいれんを疑って眼科を受診してください。ボトックス注射の治療対象かもしれません。(当院でもボトックス治療できます。)

眼瞼けいれんは原因不明ですが、治療のできるものです。精神的なもの、我慢が足りない、などと言われている気の毒な患者さんも多いので、ボトックス治療をしています、という眼科で一度相談してみてください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する