みさき眼科クリニック@代々木上原

抗アレルギー点眼薬とドライアイ

ヒトではなくマウスの実験ですが、アレルギーの治療薬、アレジオン点眼とパタノール点眼を比較してみると、パタノールで涙が減る、という報告があります。弱いながらもある抗コリン作用によるものらしいです。

スギ花粉症のひどいときには涙も大量に出るのでドライアイに困ることはないと思いますが、軽いアレルギー症状の場合、目の乾く感じが出たり、ドライアイも同時に起きていることがあり、その場合にはアレジオン点眼のほうが使いやすい可能性があります。(リボスチン点眼は懸濁液のせいか、点眼したあとにシュワシュワするような感じが出て、これがイヤ、という人もいます。)

「私はドライアイです。」と来られる患者さんの中にはドライアイではなくアレルギー性結膜炎の方がまじっています。何種類もドライアイの目薬を使っても治らないので重症と思っている患者さんで、アレルギーの点眼ですっきり治る方もいます。本当にドライアイなのか一度疑ってみる必要もあるでしょう。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する